カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)とは

たか  かみ

[キーフレーズ]
集合させていくちからそのもの

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●『人間の探究 649 スピノザの汎神論』(中杉弘のブログ)における解説
・原子核を造っている素粒子(物質を構成している最小単位)が天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみが集まり、何かを創るちから(集合させていくちから)が高御産巣日神たかみむすひのかみ
・(何かが創られて、)壊れる方向へ向かうちから(分散させていくちから)が神産巣日神かみむすひのかみ

古事記ふることふみの中の高御産巣日神たかみむすひのかみ
・世界で二番目に現れた神。
・性別のない独神ひとりがみ
古事記ふることふみにおいて、真の頂点に位置する天之御中主神あめのみなかぬしのかみは姿を見せず、高御産巣日神たかみむすひのかみが最高意思を示す神として、諸々もろもろの神に指示を出す。
・地上界平定へいていから天孫降臨てんそんこうりんに至るまで、高御産巣日神たかみむすひのかみ諸神しょしんに指示を出した。

二つ名ふたつな(別名)
・高木神(たかきのかみ)
・高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)

●言葉の意味 
産巣むす・・・「こけす」の「むす」。生まれて育つ。
・・・太陽。

●言葉の別の意味
・むすひ・・・結び。交わり。結合けつごうにより生成せいせいする。

●その他の説
・生み育てるちからそのもの。
高御産巣日神たかみむすひのかみは、ものが生まれて育つことが出来るちからそのものを指す。
・農耕・生産に深く関わっている神。
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高御産巣日神たかみむすひのかみ
神産巣日神かみむすひのかみ三柱神みはしらのかみ三位一体さんみいったいとする。
高木神たかきのかみという別名から「高い木の神」とも言われている。高い木は、根っこと枝によって大地と空をつないでいる。

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
高木たかきに関するエピソード
・ヒーラーで物理学者であるジュード・カリヴァンが麻賀多まかた神社の御神木ごしんぼく神気しんきを感じた。「神社の入り口のところから、私はこの木にどんどん引き寄せられるのを感じました。御神木ごしんぼくに呼ばれたんです」と、彼女は言った。
・アメリカの先住民は、木を「直立した人間」と呼んでいた。

 
《参考文献等》
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2016/11/30)
・ジュード・カリヴァン博士 中矢伸一 日月神示 発祥・麻賀多神社編(2010) [DVD]
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
今日の言葉:
(無闇に言葉を飾らず)「ただ実直に、印象の正確を期する事」 太宰治

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)とは

[キーワード:大元おおもとかみ]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●『人間の探究 649 スピノザの汎神論』(中杉弘のブログ)における解説
・原子核を造っている素粒子(物質を構成している最小単位)が天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみが集まり、何かを創るちから(集合させていくちから)が高御産巣日神たかみむすひのかみ
・(何かが創られて、)壊れる方向へ向かうちから(分散させていくちから)が神産巣日神かみむすひのかみ

古事記ふることふみの中の天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
・一番はじめに現れる神。
・天界に初めて現れた神。
・頂点に位置する神。

三柱神みはしらのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高御産巣日神たかみむすひのかみ
神産巣日神かみむすひのかみ三柱神みはしらのかみは、いずれも性別のない独神ひとりがみで、造化むすひ三神みはしらのかみと呼ばれている。

古事記ふることふみに出てくる回数・・・一回。一度しか登場しないという意味の深さ。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ神柄かみから(性質)
・世界そのもの。ありとあらゆるところに満ちている神。姿をとらえることができない。
・姿は隠しているが、目に見えない世界から神々に役目をお与えになり、常に世界を見守っている至上しじょうの神。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみの本質
・この世界の全ての存在が、(目に見えない)大元おおもとちからによって動いている。その大元おおもとちからが、天之御中主神あめのみなかぬしのかみの本質。
万物ばんぶつつらぬとおすエネルギーのみなもと
万物ばんぶつに溶け込んでいる根源こんげんの神。

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●言葉の意味から紐解ひもと
あめ・・・
宇宙。天界。全ての世界。
ぬし・・・
主人。支配している者。つかさどる者。
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ・・・
天界の中心に居て、天界をつかさどる神。

二つ名ふたつな別名べつめい
根源のかみ
大元おおもとかみ
創造神そうぞうしん
北極星の神
宇宙のエネルギーのみなもと
大元おおもとちから

●世界の各宗教での呼び名
「ゴッド」(キリスト教)、「ブラフマン」(ヒンズー教)、「ヤハウェ」(ユダヤ教)など色々な名称めいしょうで呼ばれている。

●その他の説
天之御中主神あめのみなかぬしのかみは宇宙の神。

●その他
・「大元おおもと根源こんげん」・・・
「ひ」の音霊おとだま
・「(すべてを)つらぬいている」、(すべてに)「溶け込んでいる」・・・
「ぬ」の音霊おとだま

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献等》
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2016/11/30)
・吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:
「世のなかの よきもあしきも ことごとに 神のこころの しわざにぞある」 本居宣長

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 6

[キーワード:三柱神みはしらのかみ

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●原文
参神みはしらのかみ造化むすひはじめれり。

●訳
(天界と地上界が別れた後、)三柱みはしらの神が産まれた。
三柱神みはしらのかみの誕生が万物創造ばんぶつそうぞうの初めとなった。

●言葉の意味
参神みはしらのかみ・・・
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高御産巣日神たかみむすひのかみ
神産巣日神かみむすひのかみ三柱神みはしらのかみ
造化むすひ ・・・
万物ばんぶつでること。万物創造ばんぶつそうぞう
はじめ・・・先駆さきがけ。最初。

●その他
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ・・・
古事記の中で一番はじめに現れる神。日本神話の最高神。
はしら・・・神を数える単位。
一柱ひとはしら二柱ふたはしら三柱みはしら
太古の人が見た神の姿が家屋かおくの柱に似ていたため、神を数える単位となった。

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:
「人間はなんと神に似ていることだろう!」 シェイクスピア

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 5

[キーフレーズ:天界と地上界]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●原文
しかれども 乾坤あめつち はじめてわかれて

●訳
それから(長い年月がち)、天界と地上界とが初めて分かれた。

●言葉の意味
乾坤あめつち・・・天界と地上界。あの世とこの世。天と地。
けん・・・天・男性の象徴しょうちょう。北西(いぬい)の方角。
こん・・・地・女性の象徴しょうちょう。南西(ひつじさる)の方角。

●その他
・「つ」の音霊おとだま・・・「集まる」
・「ち」の音霊おとだま・・・「凝縮ぎょうしゅくする」
・「つち」の音霊おとだま・・・「集まって凝縮ぎょうしゅくする」

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫
吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:「かぎりを行うのが人の道」(出来る限りの事をするのが人の道) 本居宣長もとおりのりなが

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 4

[キーフレーズ:形が分からない]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●原文
無名無爲
誰知其形

●もとのあや
ム メイ ム イ
スイ チ キ ケイ

●書き下し文
名も無く爲も無し
誰か其の形を知らむ

●かきくだしのあや
なも なく わざも なし
たれか その かたちを しらむ】

●訳
名前も付けようが無く、(目的を持って)何かを作りあげることもなかった。誰もその形を知りようがなかった。

●別の訳
まだまだ名付けようもない状態だった。何かを作りあげることもなかった。誰もその形を知りようがなかった。

●言葉の意味
わざ・・・何かを作りあげること。

●その他
たれ・・・近世きんせい初期からは「だれ」とも言うようになる。
・「な」の音霊おとだま・・・「かく中心ちゅうしん
・「た」の音霊おとだま・・・「分かれる」

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
≪參ね物(參考文獻)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 3

[キーフレーズ:生命のきざしなし]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●原文
気象きざし いまあらわれず

●訳
何かが起こりそうな気配けはいはまだなかった。

●別の訳
まろ曖昧あいまいではっきりしていない何か)が、次の段階(陰陽いんようが分かれる等)に移るきざしは、まだ現れていなかった。
いんようが分かれたり、あの世とこの世とが分かれたりなど、何かが起こるきざしはまだ現れていなかった。
・生命の兆しはまだ現れていなかった。
万物ばんぶつを形作る生命とその活動はまだ現れていなかった。

●言葉の意味
気象きざし・・・物事が起ころうとする気配けはい

●その他
気象きしょう・・・混元まろかれ(初期宇宙の大元)の作用により生じる形象けいしょう(形や姿)。
・「生命」=「あ」の言霊ことだま

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:「日本は、古事記。日本書紀。万葉の国なり。」 太宰治

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 2

[キーフレーズ:宇宙の根源]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●原文
混元まろかれ すでりて

●訳
元々、宇宙はあの世とこの世とに分かれていなかった。また、いんようにも分かれていなかった。
つまり、全てが混じり合っていて、曖昧あいまいで、はっきりしていなかった。

●その他の訳
・宇宙の始まりは混沌こんとんとしていた。

●言葉の意味
れ・・・そもそも。最初は。
まろ・・・混じり合っているもの。分かれていないもの。最初の宇宙。(もともと、宇宙は、あの世とこの世とに分かれていなかった。また、陰と陽にも分かれていなかった。つまり、全てが混じり合っていて、曖昧あいまいで、はっきりしていなかった。)
混元まろかれ・・・混の元。最初の宇宙の大元おおもと
すでに・・・「~であった」。「~だった」。
る・・・固まる。とどこおる。動かない。→ (陰と陽などに)分かれて活動していない。

●解説
陰陽いんように分かれる以前の宇宙は混沌こんとんとしていて、グチャグチャで、カオスな状態だった。

●その他
「根源(大元)」=「ひ」の音霊おとだま

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉: (古事記の時代には)「日記は、そのまま小説であり、評論であり、詩であった。」 太宰治

カテゴリー
神話【かみかたり】(神話)

古事記(ふることふみ) 1

[キーワード]
太安萬侶

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
古事記 上卷幷序
コジキ ジョウカン ヘイ ジョ
ふることふみ かみつまき ならびに はしがき

●原文
臣安萬侶言
オミ ヤスマロ ゲン

●書き下し文
臣(おみ)安萬侶(やすまろ)言(まを)す

●訳
臣下(しんか)の安萬侶(やすまろ)が申し上げます。

●言葉の意味
・序(正規の読み)・・・
ジョ
つい(で)
はしがき
まなびや
・幷(部首)・・・

かん・いちじゅう・ほす
・幷(正規の読み)・・・
ヘイ
あわ(せる)
なら(ぶ)
・幷(正規の意味)・・・
① 幷(あわ)せる。幷(あわ)す。一つにする。
② 幷(なら)ぶ。幷(なら)べる。
③ 幷(なら)びに。共(とも)に。
④ 古代中国の州の名。
・幷(漢字の成り立ち)・・・
二人の並ぶ人を横から見た形に、並ぶ意味の横線を二本加えた形。
・言(正規の読み)
ゲン,ゴン,ギン
い(う),こと,ことば
・「まをす」・・・
「言ふ」の謙譲語

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
●解説
・安萬侶(やすまろ)・・・太安萬侶(おおのやすまろ)。奈良時代の文官。姓(かばね)は朝臣(あそみ)。
・朝臣(あそみ)は、壬申の乱で功績の有った臣(おみ)の姓(かばね)を持つ氏族(古い時代に皇室から分かれた一族)に優先的に授与された。
・古事記は、日本最古の歴史書。天皇家の神話。712年、太安萬侶が編纂(へんさん)。天地創造から推古(すいこ)天皇の時代までを描く。上巻は神々の物語、中・下巻は神武天皇から推古天皇までの物語。
・「幷序」のその他の読み
幷(なら)びに序(じょ)
序(じょ)を幷(あは)せたり

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 

《今日の言葉》
「思いくずおれて、止まることなかれ」(本居宣長)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

カテゴリー
靈【たま】(霊)

奇蹟のスピリチュアル・アート/龍敬子

奇蹟のスピリチュアル・アート 幸運を引き寄せる! 宇宙エネルギーを放つ瑞祥画
龍敬子 (著), 五十嵐康彦 (編集)

[キーワード:龍神]

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
表紙の絵に凄いパワーを感じ、すぐに購入しました。
迫力のある絵がたくさん載っており、見るたびに心奪われます。私は十一面観音菩薩様の絵が気に入り、切り取って部屋に飾っています。

龍氏の不思議な人生、逆境を乗り越えてきた境遇についても書かれており、常に見えない力に護られてきた半生に驚きと感動を覚えます。

先日、巣鴨のギャラリーに足を運びました。
龍氏はとてもバイタリティーにあふれていて、85歳と聞いて驚嘆いたしました。謙虚で優しいお人柄で、龍神様に愛されているのだなあとしみじみ感じました。絵画も実物より迫力があって、ずっと見ていたかったです。
今度は妻と一緒にお邪魔する予定です。

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:「犀(さい)の角のようにただ独り歩め」 仏陀

カテゴリー
数 

8 と 88

大和国やまとのくに      

大和やまとたみにとって欠かかせない「こめ」に、大和やまとの地のシンボル八芒星はちぼうせいを線で表した形(八本の線)を「こめ」の漢字とした。

「米」は八芒星はちぼうせいを表す象形しょうけい文字。

八芒星はちぼうせい→「米」→「米」を分解すると八十八 → 8+8 → 16 → 十六八重表菊じゅうろくやえおもてぎく皇室こうしつを表す紋章もんしょう)。

八芒星はちぼうせい→「米」→「米」を分解すると八十八 →四国八十八ヶ所(空海の秘術ひじゅつ)。

天照大神あまてらすおおみかみの「御神体ごしんたい」(神が宿る物)である八咫鏡やたのかがみ

神武天皇じんむてんのうみちびいた八咫烏やたがらす

八雲やくも立つ 出雲いづも八重垣やへがき 妻籠 つまごみに 八重垣作る その八重垣を。   須佐之男命すさのおのみことんだ歌

八岐大蛇やまたのおろち

八幡神社やはたじんじゃ。ヤハタの由来はヤハウェ。

八島やしま(大和国やまとのくに二つ名ふたつな)。

最古の神代かみよ文字である最雲文笹雲文字さいうんもんささくももじの文字の数は八十八。

岐阜城を真中まなかとした八芒星はちぼうせい八方やも(つの方向)の先に(大和国やまとのくにの)聖地が数多くある。

八白はっぱくの方位は北東=うしとらうしとら金神こんじん瀬織津姫命せおりつひめのみこと
 
8の数霊かずたまは「満たされる」。

8に関わりのあるものは「山」。

88の数霊かずたまは「無限」。

88に関わりのあるものは「富士」。
 
●世界
ピラミッドは八方位はっぽういを正確に示す。そしてその八方位の先に(地球上の)聖地が数多くある。

[ad#a-auto-1]
[ad#a-336-1]

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫
吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』
はせくらみゆき・深田剛史(2012)『数は宇宙言語だった! 宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ』

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ