111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)とは

[キーワード:大元おおもとかみ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●『人間の探究 649 スピノザの汎神論』(中杉弘のブログ)における解説
・原子核を造っている素粒子(物質を構成している最小単位)が天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみが集まり、何かを創るちから(集合させていくちから)が高御産巣日神たかみむすひのかみ
・(何かが創られて、)壊れる方向へ向かうちから(分散させていくちから)が神産巣日神かみむすひのかみ

古事記ふることふみの中の天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
・一番はじめに現れる神。
・天界に初めて現れた神。
・頂点に位置する神。

三柱神みはしらのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高御産巣日神たかみむすひのかみ
神産巣日神かみむすひのかみ三柱神みはしらのかみは、いずれも性別のない独神ひとりがみで、造化むすひ三神みはしらのかみと呼ばれている。

古事記ふることふみに出てくる回数・・・一回。一度しか登場しないという意味の深さ。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみ神柄かみから(性質)
・世界そのもの。ありとあらゆるところに満ちている神。姿をとらえることができない。
・姿は隠しているが、目に見えない世界から神々に役目をお与えになり、常に世界を見守っている至上しじょうの神。

天之御中主神あめのみなかぬしのかみの本質
・この世界の全ての存在が、(目に見えない)大元おおもとちからによって動いている。その大元おおもとちからが、天之御中主神あめのみなかぬしのかみの本質。
万物ばんぶつつらぬとおすエネルギーのみなもと
万物ばんぶつに溶け込んでいる根源こんげんの神。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●言葉の意味から紐解ひもと
あめ・・・
宇宙。天界。全ての世界。
ぬし・・・
主人。支配している者。つかさどる者。
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ・・・
天界の中心に居て、天界をつかさどる神。

二つ名ふたつな別名べつめい
根源のかみ
大元おおもとかみ
創造神そうぞうしん
北極星の神
宇宙のエネルギーのみなもと
大元おおもとちから

●世界の各宗教での呼び名
「ゴッド」(キリスト教)、「ブラフマン」(ヒンズー教)、「ヤハウェ」(ユダヤ教)など色々な名称めいしょうで呼ばれている。

●その他の説
天之御中主神あめのみなかぬしのかみは宇宙の神。

●その他
・「大元おおもと根源こんげん」・・・
「ひ」の音霊おとだま
・「(すべてを)つらぬいている」、(すべてに)「溶け込んでいる」・・・
「ぬ」の音霊おとだま

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
《参考文献等》
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2016/11/30)
・吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:
「世のなかの よきもあしきも ことごとに 神のこころの しわざにぞある」 本居宣長

-神話【かみかたり】(神話)
-