111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

現代諸学と仏法 6

【キーワード】
持戒

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●本文
三世諸仏と仏国土との関係というものがある。

 
●解説

・三世諸仏と仏国土との関係・・・
仏国土は仏の数だけある。

・三世(さんぜ)・・・
永(とこしえ)に流れる時間を、過去・現在・未来と三つに区切ったもの。

・三世諸仏(さんぜしょぶつ)・・・
過去・現在・未来にわたって存在するすべての仏。
過去の仏、現在の仏、未来の仏、即ちすべての仏。

・仏国土(ぶっこくど)・・・
悟りを開いた仏が住む浄(きよ)らかな所。
諸仏それぞれの浄土のこと。

・仏のそれぞれの仏国土・・・
阿弥陀如来は西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)。
薬師如来は東方浄瑠璃世界(とうほうじょうるりせかい)。
釈迦如来は霊山浄土(りょうぜんじょうど)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●本文
防非止悪(戒)で自ら身口意の三業を規制することに依って、凡身凡心を外側から規制して、規制の強制力で反省させ、その反省をバネにして仏と法を求めさせ、その求道の力で仏界を自覚できるように仕向けている訳です。

 
●解説

持戒する

反省させる

仏と法を求めさせる

仏界を自覚させる

・防非止悪(ぼうひしあく)・・・
非を防ぎ悪を止めること。

・仏の定めた戒律を守ることを持戒という。
持戒は、反省自覚の具体的行為の一つである。

・身(しん)・・・
身体で行うもの。身体的活動。身体動作。

・口(く)・・・
言葉を発すること。言語活動。言語表現。

・意(い)・・・
心で物事を感じたり、考えたりすること。精神活動。精神作用。

・業(ごう)・・・
行い。行為。造作。

・身口意の三業(しんくいのさんごう)・・・
人間の一切の活動。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

《参考文献等》
・石田次男, 本橋雅史(1986)『現代諸学と仏法』日経企画出版局
・中村元(翻訳)(1958)『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波書店
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2017/5/23)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-