111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

古事記(ふることふみ) 8

[キーフレーズ:日神ひのかみ月神つきのかみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
所以出入幽顕 日月彰於洗目

●書き下し文
所以ゆえに、かくりよ あらわよりて、
あらふに、つき あらわれ、

●訳
(意訳。「所以ゆえに」の訳は省略。)
伊邪那岐命いざなぎのみことは、幽界ゆうかい(目に見えない世界)に入っていった。それから、顕界けんかい(目に見える世界)に戻ってきた。戻ってきた伊邪那岐命いざなぎのみことが、左目を洗ったときに日神ひのかみ天照大神あまてらすおおみかみ)が産まれ、右目を洗ったときに月神つきのかみ月読命つくよみのみこと)が産まれた。

●解説
黄泉国よみのくに(魔界)から戻ってきた伊邪那岐命いざなぎのみことが左目を洗ったときに日神ひのかみ天照大神あまてらすおおみかみ)が産まれ、右目を洗ったときに月神つきのかみ月読命つくよみのみこと)が産まれたことを指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●言葉の意味
所以ゆえ・・・理由を言うときに使う。こういうわけで。だから。(なぜ「所以ゆえに」が使われるかが、前後の文脈ぶんみゃくからは正確には分からないため、訳文では省略した。)
所以ゆえ(自説)・・・すべてが神の意思であると考えると、伊邪那岐命いざなぎのみことは、最高神である天之御中主神あめのみなかぬしのかみから、万霊ばんれい万物ばんぶつを産む役割を与えられた「所以ゆえに」、目を洗う行為により、日神ひのかみ月神つきのかみが産まれた。 
かくりよ・・・かく幽界ゆうかい。あの世。霊の世界。目に見えない世界。
・「幽」(漢字の正式な読み)・・・
ユウ。かす(か)。くら(い)。
・「幽」(漢字の正式な意味)・・・
かすか。はっきり見えない。あの世。
あらわよ・・・現世あらわよ。現界。この世。人の世界。目に見える世界。
・顕(漢字の正式な読み)・・・
ケン。あき(らか)。あらわ(れる)。
・顕(漢字の正式な意味)・・・
あきらか。あらわれる。おもてに出る。
・彰(漢字の正式な読み)・・・
ショウ。あき(らか)。あらわ(れる)。
・彰(漢字の正式な意味)・・・
あきらか。あらわれる。
・於・・・「~したら」。「~したときに」。(「於」の読みは、上記の書き下し文では省略。)
・於(漢字の正式な読み)・・・
オ。ヨ。お(いて)。
・於(漢字の正式な意味)・・・
おいて。おける。時刻や場所などを表す。
・・・
日神ひのかみである天照大神あまてらすおおみかみ
つき・・・
月神つきのかみである月読命つくよみのみこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
《参考文献》
次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:
「大切なのは、どれだけ多くのことをしたかではなく、どれだけ心をめたかです」
マザー・テレサ

-神話【かみかたり】(神話)
-