111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

淡路ユダヤの「シオンの山」

淡路ユダヤの「シオンの山」が七度目《地球大立て替え》のメイン舞台になる!
魚谷佳代 (著)

[キーワード:淡路島]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
千ヶ峰せんがみね玉置山たまきやま剣山つるぎやまを結ぶと160kmの正三角形となる。
3つの山頂には、1万5千年前の神籬ひもろぎ(神が天から降臨する所)がある。
正三角形の中心が淡路島の洲本市すもとし

img_0446
 
360度を16で割った角度が22.5度。
東洋文明の中心地は、1611年ごとに22.5度、東へ移動する。
東洋文明の中心地は、今、東経135度に来ている。

img_0449
 
●十六菊花紋
360度を16で割った角度が22.5度。
十六菊花紋は元々ユダヤから来ている。

●古代ユダヤと日本の深い関係
紀元前200年頃、古代ユダヤ人の徐福じょふく(後の神武じんむ天皇)が辿り着いた135度線の淡路島。
徐福は淡路島を聖地とした。

●日本語とヘブライ語
日本語とヘブライ語の間には、1000語以上の同音同意語が確認されている。

●淡路島に残る古代ユダヤの風習・遺跡
淡路島には、古代ユダヤの風習・遺跡が多く残っている。
由良ゆらの「ねりこ祭り」は、ユダヤの「過越すぎこしの祭り」に酷似こくじしている。
古代ユダヤ人の塚が20カ所以上もある。
洲本市すもとし古茂江こもえ地区には、古代ユダヤの印が刻まれた石棺せっかんがある。ユダヤ教の大司教ローゼン師がユダヤの石棺せっかんであることを確認している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●古事記の中の淡路島
伊邪那美命いざなみのみこと伊邪那岐命いざなぎのみことがこの世に一番はじめに創った大地。
日本神話の始まりの地。
地質学的にも日本最古の地と確認されている。

●シオンの山
淡路島の聖地「シオンの山」。
日本人がシオンの民であると目覚める時、淡路「シオンの山」は、新たな文明の出発点となる。
これからはじまる東経135度の淡路島文明。

《参考文献》
魚谷佳代 (2012)『淡路ユダヤの「シオンの山」が七度目《地球大立て替え》のメイン舞台になる!』ヒカルランド
千賀一生 (2012)『ガイアの法則[I] 日本中枢[135度文明]への超転換』ヒカルランド
中杉弘 (2014)『日本建国の謎に迫る』風塵社
浅川嘉富 (2012)『世界に散った龍蛇族よ!』ヒカルランド

 
今日の言葉:
「すべて神の成しわざである」
キケロ
(ローマの哲学者 / 紀元前106~紀元前43)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-神話【かみかたり】(神話)