111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

源氏物語 若菜(わかな) 4

[キーフレーズ]
やりたいようにできなかった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
きさいみやおはしましつるほどは、

●訳
きさいみやがいらっしゃった間は、

●言葉の意味
きさい・・・
朱雀院すざくいんの母親である弘徽殿こきでん大后おおきさい

 
●原文
よろづはばかりきこえさせたまひて

●訳
すべての面で、遠慮申し上げなさって、

●意訳
万事ばんじにつけて、自分の感情のおもむくままに行動できなかったのだが、

●言葉の意味
・よろづ・・・
あらゆることにおいて。万事につけて。
はばかる・・・
遠慮する。気兼きがねする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●解説
朱雀院すざくいんは、母が亡くなって以降は、やりたかった事(仏道修行ぶつどうしゅぎょう)をやろうと考えていた。

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
≪今日の言葉≫
「人生は芝居のごとし、上手な役者が乞食になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一心になすべし」
福沢諭吉
(1835~1901)
(同時代の人:
出口なお 1837年生まれ
ニーチェ 1844年生まれ)

-文花【あやはな】(文学)
-