111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

「か」の音霊(おとだま)

「か」のおとこころちから重力じゅうりょく

ちからとは、ひと本来ほんらいそなわっているはたらきで、なにかをするときくてはならない根源的こんげんてきはたらき。

ちからとは、ひと最初さいしょからあたえられているはたらきで、なにかをするときくてはならない大元おおもとはたらき。

ちからとは、人間にんげん知恵ちえでははかれないなにものかからさずけられたはたらきで、なにかをするとき絶対ぜったい必要ひつような、一番いちばんっこにあるはたらき。

「か」のつく言葉ことば・・・かみちから

かみ・・・「か」(ちから)と「み」(かたちあるもの)がわさったもの。

かがみ・・・「か」(ちから)がどんどんして、「み」(かたちになる)になる
「かが」・・・おなおとつづくときは、そのこと次々つぎつぎけずにこることをしめす。

「か」の数霊かずたまは25。

「か」のおとこころちから重力じゅうりょく

「か」のおとあたえられたこころちから重力じゅうりょく

「か」のおとこころちから重力じゅうりょく
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
《参考文献》
吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】