111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

無量義経(むりょうぎきょう)3

[キーフレーズ]
あらゆる世界の生類しょうるい参集さんしゅう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
天。龍。夜叉。
てん。りゅう。やしゃ。

●訳
(お釈迦様しゃかさまと共にいたのは、)天上界の神々、龍神りゅうじん鬼神きしん

●言葉の意味
・天(てん)・・・
仏教の世界を守る神。天上界の神々。
・夜叉(やしゃ)・・・
古代インドの神話に登場する鬼神。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
乾闥婆。阿修羅。迦楼羅。緊那羅。摩侯羅伽。
けんだつば。あしゅら。かるら。きんなら。まごらが。

●訳
(お釈迦様しゃかさまと共に、)乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩羅伽がいた。

●言葉の意味
・乾闥婆 (けんだつば)・・・
音楽をかなでる半神半獣はんしんはんじゅう。後に、仏教を守護する神となる。
・阿修羅 (あしゅら)・・・
戦いの神。後に、仏教を守護する神となる。
・迦楼羅 (かるら)・・・
鳥頭人身ちょうとうじんしん。後に、仏教を守護する神となる。
・緊那羅 (きんなら)・・・
馬頭人身ばとうじんしん。後に、仏教を守護する神となる。
・摩侯羅伽 (まごらが)・・・
蛇頭人身だとうじんしん。後に、仏教を守護する神となる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪参考文献≫
伏見友貴 (2013)『無量義経』
(無量義経徳行品第一)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
今日の言葉:
「近くして見がたきは我が心、さいにしてくうへんずるは我が仏なり」
(近すぎて見えないものは、あなた自身の心。微細びさいで、どこにでも存在しているのは、あなた自身の仏である。)
弘法大師こうぼうだいし
(774年~835年)

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-