111(いちいちいち)

日常・神話・物語

「心」(意)

●心とは‥‥
・外の境を心得る働き。
【そとの さかひを こころうる はたらき】
・外の世の境を心得る働き。
【そとの よの さかひを こころうる はたらき】
・外の世界を認識する機能。

≪參考文献等≫
アルボムッレ・スマナサーラ (2011)『自分を変える気づきの瞑想法』サンガ

-佛の敎へ【ほとけのをしへ】(佛敎), 言の葉【ことのは】
-