111(いちいちいち)

日常・神話・物語

目の疲れを予防する


・前傾姿勢。
・目を開こうと力を入れる。
・顎を上げる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

・口元に力を入れずポカンとさせる。
・背筋を伸ばして座る。
・パソコンの画面をやや見下ろす程度の高さに設置する。
・こまめに休憩時間を挟んで目を休める。
・照明を明るすぎず暗すぎない輝度に調節する。
・意識してパチパチまばたきを増やす。
・パソコンなどで目をよく使う作業を行う際には、定期的に身体を軽く動かす。
・遠くを見たり近くを見たりする。
・1時間パソコンをしたら、目の周りを蒸しタオルで10分間温める。
・眼の上に軽く手を覆う。
・眼球を上下左右に動かす。
・眼球をグルグル回す。
・キョロキョロと周囲を見る。
・眉頭の内側のくぼみを優しく押す。
・目尻から指一本分外側にあるくぼみを優しく押す。
・モニターの明るさと室内の明るさを合わせる。
・顔とモニターまでの距離を50~70cmにする。
・不要な力を入れない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪參ね物(参考文献)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-醫學