111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

古事記(ふることふみ) 47

[キーフレーズ]
大海人皇子軍の勝利

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
(現代字体と正字体,現代仮名遣いと歴史的仮名遣いを併記)

●原文 1(本居宣長『古事記伝』より)
絳-旗耀兵。

●書き下し文 1(本居宣長『古事記伝』より)
絳旗兵を耀して。

●原文 2
絳旗耀兵
カウキ ヤウヘイ
コウキ ヨウヘイ

●書き下し文 2
絳旗(かうき)兵(つはもの)を耀(かがや)かして、

●訳
赤い旗が兵士を輝かせて、

●解説
大海人皇子軍を象徴する色は赤だったことが日本書紀に記されている。

●言葉の意味(「読み」には歴史的仮名遣いも併記)
・絳(読み)・・・
コウ・カウ
あか,あか(い)
・旗(読み)・・・

はた
・耀(読み)・・・
ヨウ・ヤウ
かがや(く)
・兵(読み)・・・
ヘイ,ヒョウ
いくさ,つわもの・つはもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文 1(本居宣長『古事記伝』より)
凶-徒瓦-解

●書き下し文 1(本居宣長『古事記伝』より)
凶徒瓦の如く解けつ。

●原文 2
凶徒瓦解
キヨウト グワカイ
キョウト ガカイ

●書き下し文 2
凶徒(きようと・きょうと)、瓦(かはら・かわら)のごとく解(と)けぬ。

●書き下し文 3
凶徒(きようと・きょうと)、瓦解(ぐわかい・がかい)す。

●訳
近江朝は完全に崩れ去った。

●解説
・外国(唐土 - もろこし - )の文化を重んじる集団と日本の伝統文化を重んじる集団との戦い。
・「瓦解」・・・
大友皇子が完全に敗北したことを記す。

●言葉の意味(「読み」には歴史的仮名遣いも併記)
・凶(読み)・・・
キョウ
おそ(れる),わざわ(い),わる(い)
・徒(読み)・・・
ト,ズ
あだ,いたずら(に),かち,ただ,ともがら,むだ
・瓦(読み)・・・
ガ,かわら・かはら,かわらけ・かはらけ
グラム
・解(読み)・・・
カイ,ゲ
と(く),さと(る),ほぐ(れる),ほつ(れる),ほど(く),わか(る)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●解説(本居宣長『古事記伝』より)(上の原文と無関係な箇所は省略)
杖-矛擧威。猛-士烟-起。絳-旗耀兵。凶-徒瓦-解。
・杖矛威を擧て。猛士烟の如く起り。絳旗兵を耀して。凶徒瓦の如く解けつ。
上三句は御方の軍のさかりなるさま、下一句は近海(アフミ)の軍の敗れしさまなり。
(意訳:
上三句は大海人皇子軍の勢いが増しているさま、下一句は大友皇子軍が敗北したさまを記している。)

 
《参考文献等》
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2017/3/20)
・古事記をそのまま読む

(アクセス日:2017/3/20)
・南さんちの「つれづれなる記」
(本居宣長大人著『古事記伝』を読んでみよう:第134回)

(アクセス日:2017/3/20)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-神話【かみかたり】(神話)
-