111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

文節(間違えやすい区切り)2

●文節区切りのルール…
文節自立語(体言,動詞など)の前で区切る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●文節の区切り(体言(名詞・代名詞)の前で区切る例)…

・「これは 私の 本だ。」

「これ」:指示代名詞
「私」:人称代名詞
「本」:普通名詞

 
・「あの 犬が 吠えた。」

「犬」:普通名詞

「ね」を入れて区切る、文節区切り法だと、
「あの犬が」で、一文節のように感じるが、
「文節は、体言の前で区切る」という文節のルールにより、
「犬」という普通名詞(= 体言)の前で区切る。

 
・「私が この 料理を つくった。」

「私」:人称代名詞
「料理」:普通名詞

「ね」を入れて区切る、文節区切り法だと、
「この料理を」で、一文節のように感じるが、
「文節は、体言の前で区切る」という文節のルールにより、
「料理」という普通名詞(= 体言)の前で区切る。

 
・「その 時、彼は 外に いた。」

「時」:形式名詞
「彼」:人称代名詞
「外」:普通名詞

「ね」を入れて区切る、文節区切り法だと、
「その時」で、一文節のように感じるが、
「文節は、体言の前で区切る」という文節のルールにより、
「時」という形式名詞(= 体言)の前で区切る。

 
・「鈴木さんは 進む ことに 決めた。」

「鈴木さん」:固有名詞
「こと」:形式名詞

「ね」を入れて区切る、文節区切り法だと、
「進むこと」で、一文節のように感じるが、
「文節は、体言の前で区切る」という文節のルールにより、
「こと」という形式名詞(= 体言)の前で区切る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

≪参考文献等≫
・原沢 伊都夫 (2012)『日本人のための日本語文法入門』講談社
・国語の先生が教える国語文法
国語文法.com/
(アクセス日:2017/10/5)
・国語の文法 > 文法の基礎
https://www.kokugobunpou.com/
(アクセス日:2017/10/5)
・中学国語のツボ > 中学国文法講座
www.geocities.jp/nm3032nakatsu/index.html
(アクセス日:2017/10/5)
・語源事典
https://okjiten.jp/index.html
(アクセス日:2017/10/5)

 
≪関連記事≫
修飾語とは (国語文法)
述語とは (国語文法)
主語とは (国語文法)
文節とは(国語文法)
「係り受け」とは (国語文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】
-