111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

修飾語とは (国語文法)

{ ポイント }
修飾 = 何かを加えて文節を飾(かざ)る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●修飾語とは・・・

他の文節を修(かざ)る語。
他の文節に係る文節。
(換言すると...)他の文節を詳しく説明する文節。
(換言すると...)被修飾語を詳しく説明する文節。

( 他の文節 = 被修飾語
修(かざ)る = 飾(かざ)る = 詳しく説明する )

 
●被修飾語とは・・・

他の文節に修(かざ)られる語。
他の文節を受ける文節。
(換言すると...)他の文節によって、詳しく説明される文節。
(換言すると...)修飾語によって、詳しく説明される文節。

( 他の文節 = 被修飾語
修(かざ)られる = 飾(かざ)られる = 詳しく説明される
「被」:受身をあらわす助字。 )

 
●例文 1・・・

「今日、学校を 休んだ。」

「休んだ」が述語

「今日は 休んだ」で、
二つの文節が意味の上で結びついているから、
「今日」は「休んだ」に係る。
よって、
「今日」が修飾語。
「休んだ」が被修飾語。

「学校を 休んだ」で、
二つの文節が意味の上で結びついているから、
「学校を」は「休んだ」に係る。
よって、
「学校を」が修飾語。
「休んだ」が被修飾語。

 
●例文 2・・・

「彼は 海に 行きます。」

「行きます」が述語。
「彼は」が主語

「海に 行きます」で、
二つの文節が意味の上で結びついているから、
「海に」は「行きます」に係る。
よって、
「海に」が修飾語。
「行きます」が被修飾語。

「海に」という修飾語が、
「行きます」という被修飾語を詳しく説明している。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
~「修」という漢字~

●修(読み)・・・
① おさ(める)
② かざ(る)
③ シュウ

●修(意味)・・・
① 修(おさ)める。形を整える。
② 修(かざ)る。飾(かざ)る。

 
●修(漢字の成り立ち)・・・

(一)
「亻」:「横から見た人」の形
「|」:水の省略形
「卜」:「ボクッという音を表す擬声語」
「又」:右手の形

「ひとの背に水を流して手で洗うさま」

「洗い清める」

(二)
「彡」:「豊かで艶(つや)やかな髪」の形

(一) + (二)

「洗い清めて、整えたり、飾ったりする」

(「修」の意味)
① 修(おさ)める。形を整える。
② 修(かざ)る。飾(かざ)る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
~「飾」という漢字~

●飾(読み)・・・
かざ(る)
ショク

●飾(意味)・・・
飾(かざ)る。手を加えて美しくみせる。

 
●飾(漢字の成り立ち)・・・
「食」:「食器に食べ物を盛りそれにふたをした」形
「人」:「人」のかたち
「巾」:「頭に巻く布きれに紐(ひも)をつけ、帯に差し込む」形

「食べ物をきれいに盛るように
家の中を布で飾って美しくみせる」

(「飾」の意味)
飾(かざ)る。手を加えて美しくみせる。

 
≪参考文献等≫
・原沢 伊都夫 (2012)『日本人のための日本語文法入門』講談社
・国語の先生が教える国語文法
国語文法.com/
(アクセス日:2017/9/4)
・国語の文法 > 文法の基礎 > 文節の働き(2)修飾語
https://www.kokugobunpou.com/
(アクセス日:2017/9/4)
・語源事典
https://okjiten.jp/index.html
(アクセス日:2017/9/4)

 
≪関連記事≫
述語とは (国語文法)
主語とは (国語文法)
文節とは(国語文法)
単語とは(国語文法)
「係り受け」とは (国語文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】
-