111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

空(くう)について

{ ポイント }
矛盾」という概念
「空」という概念で
閉じる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
西洋哲学では、
一番下は「矛盾」で閉じていて、
一番上は開いていると考える。

 
西洋哲学と東洋哲学を統合して、
一番下は「矛盾」で閉じていて、
一番上は「空(くう)」で閉じている、
そういう巨大な空間が宇宙である、
というのが苫米地英人(とまべち ひでと)氏の定義。

 
これが分かると、
言葉で表現できる最大限の悟りを得られたことになるが、
釈尊の悟りは非言語の領域にある。
体感でしかわからない。
ちゃんと瞑想して、悟りへの体感修行をしないと分からない。

 
つまり、釈尊の悟った内容は
空(くう)の思想でもなければ
縁起(えんぎ)の思想でもないということ。

 
言葉で表現できる範囲内での悟りを得て、
あとは瞑想をして真の悟りを得れば、
名刺に「仏陀(ぶっだ)」(悟った人)と書ける。

今はとりあえず、菩薩(ぼさつ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

≪参考文献等≫
・中村元(翻訳)(1958)『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波書店
・苫米地英人 (2010)『お釈迦さまの脳科学』小学館
・『釈迦の悟った内容 - 苫米地英人』(YouTube動画)

 
≪関連記事≫
空(くう)とは
空(くう)とは 2
悟りとは 1
悟りの手順
釈尊の考え 1

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-