111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

「み」の音霊(おとだま)

「み」のおとこころは「かたちあるもの」。

かたちあるもの」とは、実際じっさい存在そんざいして、姿すがたかたちのあるもの。

「み」のつく言葉(ことば)...身(み)・見た目(みため)・鏡(かがみ)・水(みず)・波(なみ)・満(み)たす・皇子(みこ)・皇女(みこ)・天皇(すめらみこと)・神(かみ)・三(み)・三輪山(みわやま)・南(みなみ)・道(みち)。

かみ・・・「か」(ちから)と「み」(かたちあるもの)がわさったもの。

かがみ・・・「か」(ちから)がどんどんして、「み」(かたちになる)になる
「かが」・・・おなおとつづくときは、そのこと次々つぎつぎけずにこることをしめす。

「み」の数霊かずたま

「み」のおとこころは「かたちあるもの」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
《参考文献》
吉野信子(2015)『カタカムナ 言霊の超法則』

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】