111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

柿本人麻呂 ひむがしの

東の 野に炎の 立つ見えて
返り見すれば 月傾きぬ

 
ひむがしの のにかぎろひの たつみえて
かへりみすれば つきかたぶきぬ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
萬葉集め
【よろづはつめ】

 
柿本人麻呂 
(六六〇年生まれ)
【かきのもと の ひとまろ
(むも むと とせ うまれ)】

 
●譯き【とき】
東の野に日の出前の光が射し始めるのが見えて、
振り返って西の方を見ると、月が沈みかけてゐた。

 
●言葉
「かぎろひ」:明け方に射す太陽の光。
「かたぶく」:月が沈みかける。
「ぬ」:完了の助動詞。
「かたぶきぬ」:沈みかけ始めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●說き【とき】
・早朝、柿本人麻呂が軽皇子【かる の みこ】に従って狩りに出かけたときの歌。
・「東方の日の出前の光の射し始め」と「西方の月の沈み始め」をほぼ同時に見た状景を詠んだ歌。
・軽皇子(後の第42代文武天皇【あやたける の すめらみこと】)を昇る太陽に、亡くなった父の草壁皇子【くさかべ の みこ】を月に喩【たと】へた。

 
≪參ね物(參考文獻)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-文花【あやはな】(文学)
-