111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

文の種類 (国語文法)

●文の種類・・・
単文
複文
重文

●単文とは・・・
一つ文の中に、主語・述語の関係が一組しかないもの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●複文とは・・・
一つの文の中に、
主語・述語の関係が二組以上あり、
意味の上でそれらが対等でないもの。

 
●複文の例・・・

「台風がひどいので、学校は休みだ。」

文節に区切る。
「台風が/ひどいので、/学校は/休みだ。」

「台風が」が主語、
「ひどいので」が述語、
「学校は」が主語、
「休みだ」が述語。

主語・述語の関係が二組以上あり、
意味の上でそれらが対等ではないから、
複文である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●重文とは・・・
一つの文の中に、
主語・述語の関係が二組以上あり、
意味の上でそれらが対等なもの。

 
●重文の例・・・

「今日は暑く、明日も暑い。」

文節に区切る。
「今日は/暑く、/明日も/暑い。」

「今日は」が主語、
「暑く」が述語、
「明日も」が主語、
「暑い」が述語。

主語・述語の関係が二組以上あり、
意味の上でそれらが対等だから、
重文である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

≪参考文献等≫
・原沢 伊都夫 (2012)『日本人のための日本語文法入門』講談社
・国語の先生が教える国語文法
国語文法.com/
(アクセス日:2017/8/26)
・国語の文法
https://www.kokugobunpou.com/
(アクセス日:2017/8/26)

 
≪関連記事≫
単語とは(国語文法)
文節とは(国語文法)
文とは(国語文法)
段落とは(国語文法)
文章とは (国語文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-