111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

連体形と終止形(古典文法)1

【キーワード】
「べし」「らし」「らむ」・「とも」「と」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●連体形
① 体言(名詞・代名詞)につながる活用形。
② 後ろに「とき」「こと」などの体言を省略して用いている場合は連体形。
(後ろに「とき」「こと」などの名詞を補うことができる。)

①(例)
窓に吹く風ありて~
→「吹く」(動詞)は、「風」(名詞)に接続 → 連体形

②(例)
夏風の吹くはいぶせし。
→「吹く」(動詞)は、後ろに「とき」「こと」などの名詞を補うことができる。→ 連体形

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●終止形
① 文の終わりに用いる活用形。「。」に接続している。
後ろに「とき」「こと」など名詞を補うと不自然。
②「べし」「らし」「らむ」などの助動詞が接続する場合は終止形。
③ 「とも」「と」などの助詞が接続する場合は終止形。

①(例)
庭に風吹く。
→「吹く」(動詞)は「。」に接続 → 終止形

②(例)
風吹くらむ。

③(例)
風吹くと知る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪参考文献≫
・中原敬一 (1984)『1日1題・30日完成 古典文法』日栄社

 
≪關はり有る文章【かかはり ある ふみ あや】(関連記事)≫
連体形と終止形(古典文法)2
連体形と終止形(古典文法)3
「連体形」(古典文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-