111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

孫子(そんし)19

【キーフレーズ】
ふりをする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

●原文
用而示之不用
ヨウ ジ ジ シ フ ヨウ

●書き下し文 1
用なるも之に不用を示し、
ようなる も これ に ふよう を しめし

●書き下し文 2
用にして之に不用を示し、
よう にして これ に ふよう を しめし

●訳 1
役に立つのに、役に立たないように見せかけたり、

●訳 2
用立てられるのに、用立てられないふりをしたり、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

●言葉の意味
・用(部首)・・・

もちいる
・用(読み)・・・
ヨウ
もち(いる),はたら(き)
・用(意味)・・・
用いることができる。使える。役立たせることができる。用立てられる。
・「用」の漢字の成り立ち・・・
二つ以上の漢字の形(または意味)を会わせて作られた漢字を会意文字という。
「用」は二つの「形」を「会」わせて作られた漢字だから「会形文字」といえるが、一般的には会意文字と呼ばれる。
棒で板に穴を開ける様(さま)を描いた。
「卜」の形に近い棒で「中」の形に近い板に穴を開ける様を描いた。
→ その棒を板を開ける道具として使う(用いる)ことができる。
→(「用」の意味) 用(もち)いることができる。使える。役立たせることができる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

《参考文献》
金谷治 (2000)『新訂 孫子』岩波文庫

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-孫子韓非子君主論戰爭論ショーペンハウアーセネカ兵法
-