111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

大和言葉の起源

●大和言の源‥‥
二音より成る動き詞。
【●やまと こと の みなもと‥‥
ふ おと より なる うごき こと。】
---
●大和言葉の起源‥‥
二音から成る動詞。
【●やまと ことば の キゲン‥‥
ニオン から なる ドウシ。】

 
●古代の二音の動き詞‥‥
う段び音(う・く・す・つ・ぬ・ふ・む・ゆ・る)にて
終はる全ての二音動き詞が存しかりけり。
【●いにしへ よ の ふ おと の うごき こと‥‥
う ならび おと(う・く・す・つ・ぬ・ふ・む・ゆ・る)にて
をはる すべて の ふ おと うごき こと が うつしかり けり。】
---
●古代の二音動詞‥‥
ウ段音(う・く・す・つ・ぬ・ふ・む・ゆ・る)で
終わる全ての二音動詞が存在した。
【●コダイ の ニオン ドウシ‥‥
ウダン オン(う・く・す・つ・ぬ・ふ・む・ゆ・る)で
おわる すべて の ニオン ドウシ が ソンザイし た。】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●三音動き詞の源‥‥
三音動き詞は、同じ意の二音動き詞の
い繫り縮めれたるものなり。
【●み おと うごき こと の みなもと‥‥
み おと うごき こと は、おなじ こころ の ふ おと うごき こと の
いつがり つづめ れ たる もの なり。 】
(「いつがり」:「いつがる」の連用形。「つながる」の意。
「つづめ」:「つづむ」の未然形。「ちぢむ」の意。
「れ」:受身の助動詞「る」の連用形。
「たる」:完了の助動詞「たり」の連体形。)
---
●三音動詞の起源‥‥
三音動詞は、同意の二音動詞が
繋がって短縮されたものである。
【●サンオン ドウシ の キゲン‥‥
サンオン ドウシ は、ドウイ の ニオン ドウシ が
つながっ て タンシュクさ れ た もの で ある。】

 
●三音動き詞の例‥‥
「直す」←「直ふ」+「和す」
【●み おと うごき こと の たぐひ‥‥
「なほす」←「なふ」+「をす」】
---
●三音動詞の例‥‥
「直す」←「直ふ」+「和す」
【●サンオン ドウシ の レイ‥‥
「なほす」←「なふ」+「をす」】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●四音動き詞の源‥‥
四音動き詞は、同じ意の二音動き詞の
い繫りたるもの(縮め無し)なり。
(「いつがり」:「いつがる」の意活き連なりの形。
「つづめ」:「つづむ」の名詞化はり。
「たる」:終はりと終はり續きの動き助け詞「たり」の體連なりの形。)
【●よ おと うごき こと の みなもと‥‥
よ おと うごき こと は、おなじ こころ の ふ おと うごき こと の
いつがり たる もの(つづめ なし) なり。
(「いつがり」:「いつがる」の こころ いき つらなり の かた。
「つづめ」:「つづむ」の な こと かはり。
「たる」:をはり と をはり つづき の うごき たすけ こと「たり」の な つらなり の かた。)】
---
●四音動詞の起源‥‥
四音動詞は、同意の二音動詞が繋がったもの(短縮なし)である。
(「いつがり」:「いつがる」の連用形。「つながる」の意。
「つづめ」:「つづむ」の名詞化。「短縮」の意。
「たる」:完了の助動詞「たり」の連体形。)
【●シオン ドウシ の キゲン‥‥
シオン ドウシ は、ドウイ の ニオン ドウシ が
つながっ た もの(タンシュク なし)で ある。
(「いつがり」:「いつがる」の レンヨウケイ。「つながる」の イ。
「つづめ」:「つづむ」の メイシ カ。「タンシュク」の イ。
「たる」:カンリョウ の ジョドウシ「たり」の レンタイケイ。)】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪參ね物等【たづね もの など】(参考文献等)≫
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス
・やまとことばのみちのく

(アクセス日:2018/6/20)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】