111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

高御産巣日神(たかみむすひのかみ)とは

たか  かみ

[キーフレーズ]
集合させていくちからそのもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●『人間の探究 649 スピノザの汎神論』(中杉弘のブログ)における解説
・原子核を造っている素粒子(物質を構成している最小単位)が天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
天之御中主神あめのみなかぬしのかみが集まり、何かを創るちから(集合させていくちから)が高御産巣日神たかみむすひのかみ
・(何かが創られて、)壊れる方向へ向かうちから(分散させていくちから)が神産巣日神かみむすひのかみ

古事記ふることふみの中の高御産巣日神たかみむすひのかみ
・世界で二番目に現れた神。
・性別のない独神ひとりがみ
古事記ふることふみにおいて、真の頂点に位置する天之御中主神あめのみなかぬしのかみは姿を見せず、高御産巣日神たかみむすひのかみが最高意思を示す神として、諸々もろもろの神に指示を出す。
・地上界平定へいていから天孫降臨てんそんこうりんに至るまで、高御産巣日神たかみむすひのかみ諸神しょしんに指示を出した。

二つ名ふたつな(別名)
・高木神(たかきのかみ)
・高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)

●言葉の意味 
産巣むす・・・「こけす」の「むす」。生まれて育つ。
・・・太陽。

●言葉の別の意味
・むすひ・・・結び。交わり。結合けつごうにより生成せいせいする。

●その他の説
・生み育てるちからそのもの。
高御産巣日神たかみむすひのかみは、ものが生まれて育つことが出来るちからそのものを指す。
・農耕・生産に深く関わっている神。
天之御中主神あめのみなかぬしのかみ
高御産巣日神たかみむすひのかみ
神産巣日神かみむすひのかみ三柱神みはしらのかみ三位一体さんみいったいとする。
高木神たかきのかみという別名から「高い木の神」とも言われている。高い木は、根っこと枝によって大地と空をつないでいる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
高木たかきに関するエピソード
・ヒーラーで物理学者であるジュード・カリヴァンが麻賀多まかた神社の御神木ごしんぼく神気しんきを感じた。「神社の入り口のところから、私はこの木にどんどん引き寄せられるのを感じました。御神木ごしんぼくに呼ばれたんです」と、彼女は言った。
・アメリカの先住民は、木を「直立した人間」と呼んでいた。

 
《参考文献等》
・『中杉 弘のブログ』

(アクセス日:2016/11/30)
・ジュード・カリヴァン博士 中矢伸一 日月神示 発祥・麻賀多神社編(2010) [DVD]
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫

 
今日の言葉:
(無闇に言葉を飾らず)「ただ実直に、印象の正確を期する事」 太宰治

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-神話【かみかたり】(神話)
-