111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

「確定逆接」三(古典文法)

●例‥‥
(       )、
[譯き]
近江に入ったが、
【●たぐひ‥‥
(       )、
[とき]
あふみ に はいっ た が、】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●例‥‥
近江に入りしかど、
[譯き]
近江に入ったが、
【●たぐひ‥‥
あふみ に いり しか ど、
[とき]
あふみ に はいっ た が、】

 
●例‥‥
(           )、
[出で典]卽興詩人(一部改め)
[譯き]
美女を探して左を見たり右を見たりしたが、
【●たぐひ‥‥
(           )、
[いで ぶみ] ソッキョウ シジン(ひ ところ あらため)
[とき]
ビジョ を さがし て ひだり を み たり みぎ を み たり し た が、】

 
●例‥‥
美しき女を探して左を見右を見しかど、
[出で典]卽興詩人(一部改め)
[譯き]
美女を探して左を見たり右を見たりしたが、
【●たぐひ‥‥
うつくしき をんな を さがし て ひだり を み みぎ を み しか ど、
[いで ぶみ] ソッキョウ シジン(ひ ところ あらため)
[とき]
ビジョ を さがし て ひだり を み たり みぎ を み たり し た が、】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●例‥‥
(       )、
[譯き]
妻にも問ふたが、
【●たぐひ‥‥
(       )、
[とき]
つま に も とふ た が、】

 
●例‥‥
妻にも問ひしかど、
[譯き]
妻にも問ふたが、
【●たぐひ‥‥
つま に も とひ しか ど、
[とき]
つま に も とふ た が、】

 
●例‥‥
(          )、
[出で典]能因法師の和歌(一部改め)
[譯き]
都を霞と共に立ったが、
【●たぐひ‥‥
(          )、
[いで ぶみ]あた より の のり うし の やまと うた(ひ ところ あらため)
[とき]
みやこ を かすみ と とも に たっ た が、】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●例‥‥
都をば霞と共に立ちしかど、
[出で典]能因法師の和歌(一部改め)
[譯き]
都を霞と共に立ったが、
【●たぐひ‥‥
みやこ を ば かすみ と とも に たち しか ど、
[いで ぶみ]あた より の のり うし の やまと うた(ひ ところ あらため)
[とき]
みやこ を かすみ と とも に たっ た が、】

 
≪參ね物(參考文獻)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言の葉【ことのは】
-