111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

古事記(ふることふみ) 15

[キーフレーズ]
天下平定の相談

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
議安河而平天下

●書き下し文
安河やすのかわはかて(而)天下あめのしたたいらげ、

●訳
安河やすのかわで、地上界の平定について相談し、

●別の原文
與議安河而平天下

●書き下し文
安河やすのかわはかて(而)天下あめのしたやわさむことにあづかり、

●訳
安河やすのかわで、地上界の平定について相談することに関与し、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●解説
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)と天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、地上界の平定のために、どの神を地上界に派遣すべきかを議題に、あま安河やすのかわに神々を集めて会議を開いた。

 
《参考文献》
倉野憲司 (1963)『古事記』岩波文庫

 
≪今日の言葉≫
学道がくどうの人、衣食えじきむさぼることなかれ」 
(学問をこころざす人は、衣食を必要以上にむさぼってはならない)
道元どうげん正法眼蔵随聞記しょうぼうげんぞうずいもんき
(1200~1253)
(同時代の人物や出来事:
84代 順徳じゅんとく天皇 1197年生まれ
83代 土御門つちみかど天皇の即位 1198年
84代 順徳じゅんとく天皇の即位 1210年)
(『正法眼蔵随聞記しょうぼうげんぞうずいもんき執筆しっぴつ時期 1235~1238(鎌倉時代)の出来事:
1232~1242 87代 四条しじょう天皇在位
1236年 北条泰時ほうじょう やすとき興福寺こうふくじ僧徒そうと鎮圧ちんあつのために、大和やまとに守護・地頭を設置)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪參ね物(參考文獻)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-神話【かみかたり】(神話)
-