111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

中観派(ちゅうがんは)の歴史

{ キーフレーズ }
北伝仏教の流れ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●中観派(ちゅうがんは)の歴史 1・・・

釈尊(しゃくそん)が
菩提樹(ぼだいじゅ)の下で悟った内容は、

南伝仏教では、
「縁起(えんぎ)」、

北伝仏教では、
「空(くう)」、

と呼ばれている。

後から作られた北伝仏教が、
「縁起」のことを
「空」と言い換えた。

北伝仏教は、
釈尊の死後、500年経って、
サンスクリット語に訳して経典を残していった。

北伝仏教の流れが、
中観派(ちゅうがんは)や
唯識派(ゆいしきは)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●中観派(ちゅうがんは)の歴史 2・・・

南伝仏教では、
ある時期から
論理を積み重ねる仏教が流行し、
それが、
北伝仏教に受け継がれ、
中観派(ちゅうがんは)ができた。

中観派は、
言葉を使い、
論理を固めていった。
それが
論理重視の日本仏教学者に
引き継がれている。

 
≪関連記事≫
中観派(ちゅうがんは)とは
釈尊から見た中観派(ちゅうがんは)

 
≪参考文献等≫
・中村元(翻訳)(1958)『ブッダのことば―スッタニパータ』岩波書店
・苫米地英人 (2010)『お釈迦さまの脳科学』小学館
・『釈迦の悟った内容 - 苫米地英人』(YouTube動画)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-