111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

反実仮想の「まし」1(古典文法)

●「反実仮想」とは‥‥
現実に反する事を
仮りに想像して述べること。

●「反実仮想」の訳‥‥
もし~(だった)としたら...(だった)だろう(に)
もし~(だった)ならば...(だった)だろう(に)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●反実仮想「~せば...まし」の例‥‥

世の中にたえて桜のなかりせば
春の心はのどけからまし

([出典]古今和歌集 在原業平)

[訳]世の中に桜がなかったとしたら、
春の人の心は長閑【のどか】だっただろうに。
桜があるから、
咲いたか、散ったかを思い煩【わずら】って
春の人の心は長閑【のどか】ではない。

(「た【絶】えて」:「まったく」。
「な【無】かり」:「なし」の連用形。
「せ」:過去の助動詞「き」の未然形。
「ば」:接続助詞。
「のどけから」:「のどけし」の未然形。
「まし」:推量の助動詞。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●反実仮想「~ましかば...まし」の例‥‥

やがて掛け籠らましかば
口惜しからまし

【やがて かけこもら ましかば
くちをしから まし】

([出典]徒然草)

[訳 1]もしすぐに掛け金を掛けて、家の中に入ってしまったならば、残念なことであっただろう。

[訳 2]すぐに戸を閉めてしまっていたら、風情も何もなかっただろう。

(「ましか」:反実仮想の助動詞「まし」の未然形。直前語は未然形。
「ば」:接続助詞。
「くちをしから」:「口惜し」の未然形。「残念だ・がっかりだ」。)

 
≪助け物等【たすけ もの など】(参考文献等)≫
・大野晋 (1988)『日本語の文法〈古典編〉』角川書店
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
≪關はり有る文章【かかはり ある ふみ あや】(関連記事)≫
反実仮想の「まし」2(古典文法)
ためらい【躊躇い】の「まし」(古典文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-