111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

万葉集 新しき年の始めの

大伴家持(おおとものやかもち)

萬葉集 巻20 4546

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●題詞
三年春正月一日 於因幡國廳 賜饗國郡司等之宴謌一首

三年春正月一日に、因幡國(いなばのくに)の廳(ちやう)にして、饗(あへ)を國郡(くにのこほり)の司等(つかさたち)に賜(たま)はりて宴(うたげ)せし謌(うた)一首

天平宝字2年6月に因幡国守に任ぜられ家持が、明くる年、元旦に国庁館に郡臣等を集めて新年の宴をし、その時の思いを歌にした。

 
●原文
新 年乃始乃 波都波流能 家布敷流由伎能 伊夜之家餘其騰

 
●訓読
新しき 年の始めの 初春の 
今日降る雪の いや重け吉事

 
●仮名
あらたしき としのはじめの はつはるの
けふふるゆきの いやしけよごと
(あらたしき としのはじめの はつはるの
きょうふるゆきの いやしけよごと)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●訳 1
新しき 年の始めに 降る雪の 積もるがごとく 吉事(よごと)積もれよ

●訳 2
新しい年の始め。
今日は、雪が降りしきり、沢山積もっている。
同じように良い事も積もってほしい。

 
≪参考文献≫
・中西進 (翻訳) (1978)『万葉集 全訳注原文付』講談社

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-文花【あやはな】(文学)
-