111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

「確定順接」1(古典文法)

●「確定順接」‥‥
已然形+助詞「ば」

 
●「確定順接」の種類‥‥
➀ 恒常
(前述と後述の因果関係が非常に強い。)
➁ 原因・理由
(前述と後述の因果関係が強い。)
➂ 偶然
(前述と後述の因果関係が薄い。)

 
●「因果関係」とは‥‥
前述と後述が、原因と結果の関係になっていること。

 
●「確定順接」の中の3種類の用法の区別の仕方‥‥
前後の文脈から判断する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●「確定順接」の「恒常」とは‥‥
・不変的真理(常に成り立つ真理)、科学的法則、習慣、慣習、
ほぼそうなるであろう未来などを述べる表現形式。
・前述と後述が、「普遍的な(常にそうなる)」あるいは「ほぼ普遍的な(ほぼそうなるであろう)」因果関係になっている表現形式。
・非常に強い因果関係を述べる表現形式。

 
●「確定順接」の「恒常」の訳‥‥
~(する)と...
~(する)といつも...
~(する)時はいつも...
~(する)と必ず...

 
●「確定順接」の「恒常」の例文 1‥‥

命長ければ、恥多し

[訳]
命が長いと、(それだけ)恥をかくことが多い。

[意訳]
長生きすると、(そのぶん)恥をかくことも多くなる。

(科学的法則ではないが、人間の性質や周囲の人々を観察してみて、ほぼそうなるであろう事柄を述べている。)

 
●「確定順接」の「恒常」の例文 2‥‥

瓜食めば子ども思ほゆ
【うり はめ ば こども おもほゆ】
([出典]万葉集)

[訳]
瓜を食べるといつも、(残してきた)子供のことが自然に思われる。

[意訳]
瓜を食べるといつも、(残してきた)子供のことが自然と心に浮かんでくる。

(科学的法則ではないが、自分の過去の経験からみて、ほぼそうなるであろう事柄を述べている。)

(「おもほゆ」:「自然に思われる」)

 
●「確定順接」の「恒常」の例文 3‥‥

苦あれば楽あり。

[訳]
苦があれば、楽がある。

[意訳]
苦がある所には、必ず楽がある。

(科学的法則ではないが、多くの人々に共通する経験則からみて、ほぼそうなるであろう事柄を述べている。)

 
●「恒常」の別の言い方‥‥
恒時

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●「確定順接」の「原因・理由」の訳‥‥
~ので...
~から...

 
●「確定順接」の「偶然」の訳‥‥
~(する)と...
~(した)ところ...
~(した)ところたまたま...

 
≪助け物等【たすけ もの など】(参考文献等)≫
・中原敬一 (1984)『1日1題・30日完成 古典文法』日栄社
・大野晋 (1988)『日本語の文法〈古典編〉』角川書店

 
≪關はり有る文章【かかはり ある ふみ あや】(関連記事)≫
「確定順接・仮定順接・確定逆接・仮定逆接」(古典文法)1
「確定順接・仮定順接・確定逆接・仮定逆接」(古典文法)2
「仮定順接」(古典文法)
「確定」(古典文法)
「順接」(古典文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-