111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

観音経(かんのんきょう)6

(正字体と現代字体,歴史的仮名遣いと現代仮名遣いを併記)

妙法蓮華經 觀世音菩薩 普門品 第二十五
妙法蓮華経 観世音菩薩 普門品 第二十五
(みょうほうれんげきょう かんぜおんぼさつ ふもんぼんだいにじゅうご)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
[キーフレーズ]
菩薩の力

●原文
若有持是觀世音菩薩名者

若有持是観世音菩薩名者

にやくうじぜ くわんぜおんぼさつ みやうしや

にゃくうじぜ かんぜおんぼさつ みょうしゃ

●書き下し文
若(も)し、是(こ)の観世音菩薩の名を持する者有らば、

●訳 1
もし、この観世音菩薩の名を保持するならば、

●訳 2
もし、この観世音菩薩の名を一心に称える者がいるならば、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
設入大火 火不能燒

設入大火 火不能焼

せつにふ だいくわ くわふのうせう

せつにゅう だいか かふのうしょう

●書き下し文
設(たと)ひ大火(たいくわ)に入(い)るとも、火(ひ)も焼(や)くこと能(あた)わず。

設(たと)い大火(たいか)に入(い)るとも、火(ひ)も焼(や)くこと能(あた)わず。

●訳 1
たとえ、大火に入ろうとも、菩薩の力によって、火は、身を焼くことができない。

●訳 2
たとえ、大火に包まれても、火の方が逃げていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪参考文献≫
・坂本幸男 (翻訳), 岩本裕 (翻訳) (1976)『法華経』岩波書店

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-