111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

観音経(かんのんきょう)5

(現代字体と正字体を併記)

妙法蓮華經 觀世音菩薩 普門品 第二十五
妙法蓮華経 観世音菩薩 普門品 第二十五
(みょうほうれんげきょう かんぜおんぼさつ ふもんぼんだいにじゅうご)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
[キーフレーズ]
苦からの解放

●原文
觀世音菩薩
即時觀其音聲
皆得解脫

観世音菩薩
即時観其音声
皆得解脱

かんぜおんぼさつ
そくじかんごおんじょう
かいとくげだつ

●書き下し文
觀世音菩薩、
即時に、其の音聲を觀じて、
皆、解脫することを得せしめん。

●訳 1
観世音菩薩は、直(す)ぐに、その声を聞いて、皆(みな)、苦悩からの解放を得(え)るだろう。

●訳 2
そうすると、観世音菩薩は、即座にその声を観(み)て、皆(みな)を苦(く)から解放させるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●解釈
・「解脱(げだつ)」・・・
呪縛を解いて、苦を脱すること。

●言葉の意味
・觀[観](読み)・・・
カン
み(る),み(せる),しめ(す)
・觀[観](意味)・・・
① 注意して見る。
① 広く見わたす。
② 人々に見せる。しめす。
③ 姿。外見。
④ ものの見方。考え方。
⑤ 易(えき)の六十四卦の一つ。

 
≪参考文献≫
・坂本幸男 (翻訳), 岩本裕 (翻訳) (1976)『法華経』岩波書店

 
《今日の言葉》
「無知な友人を持つことほど危険なものはない」
ラ・フォンテーヌ

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-