111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

観音経(かんのんきょう)1

妙法蓮華経 観世音菩薩 普門品 第二十五
(みょうほうれんげきょう かんぜおんぼさつ ふもんぼんだいにじゅうご)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
[キーワード]
無盡意菩薩(むじんにぼさつ) 

●原文
爾時 無盡意菩薩 卽從座起
にじ むじんにぼさつ そくじゅうざき

●書き下し文
爾(そ)の時、無盡意菩薩、卽ち座より起(た)ちて、

●訳 1
その時、無盡意菩薩は、直(ただ)ちに座より起ちて、

●訳 2
その時、無盡意菩薩は、直(す)ぐに座から立ち上がり、

●解説
・爾時・・・
釈尊がこの世に居られた時の、此(こ)れから説法をしようとする「爾(そ)の時」であり、同時に今の私が応身佛(おうじんぶつ)(人間の姿形をした佛(ほとけ)様)であるところの釈尊に対して、此(こ)れから質問をしようとする「今、現在」。
・無盡意菩薩(アクシャヤマティ菩薩)‥‥
無盡意菩薩とは、学んでいる人々を代表している菩薩。
盡(つ)くることのなき悟りへの意(おも)ひを持ちたる菩薩。
盡(つ)くることのなき強き意志を持ちたる菩薩。
尽くることのなき意(こころ)を持つ菩薩。→ 常(とこ)しなへに道を求め続ける修行者。
悟りたしといふ、盡くることなき意ひを持ちて、悟るまで佛の敎へを學ぶことに身を獻ぐる者。
【さとりたしと いふ、つくる ことなき おもひを もちて、さとるまで ほとけの おしへを まねぶ ことに みを ささぐる もの。】
「アクシャヤ」:「盡くること無し」
「マティ」:「獻身」「身を獻(ささ)ぐること」「祈り」「祈ること」
「菩薩」:今、修行中の人。悟りへ向けての修行中の人。

「アクシャヤマティ菩薩」:「盡くること無き祈りをする菩薩」「常に佛の敎へに身を獻(ささ)げている修行者」

●「アクシャヤ(サンスクリット語)」‥‥
[意] 終ふることなし。常しなへに續く。盡くること無し。朽つること無し。滅ぶること無し。永遠に續く。不盡の。不朽の。不滅の。
[語感] 常しなへに續くさま。
【●「アクシャヤ(サンスクリット語)」‥‥
[こころ] をふる こと なし。とこしなへに つづく。つくる こと なし。くつる こと なし。ほろぶる こと なし。エイエンに つづく。フジンの。フキュウの。フメツの。
[ことの おもひ] とこしなへに つづく さま。】
------
●「とこしなへなり」‥‥
[漢字(からかた)] 常しなへなり
[單つ語(ひつこと)の種(くさ)] 形容動詞
[活用型] ナリ活用
[活用]{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}
[例(たぐひ)]「心とこしなへに安し」(『徒然草 二一七(ふも と な)』の文(あや)を改(あらた)む)([譯(と)き] 心はいつまでも安らかなり。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
偏袒右肩
へんだんうけん

●書き下し文
偏(ひとへ)に右の肩を袒(あらわ)にし、

●訳
法衣(ほうえ)の右肩を脱いで、

 
≪參考文献等≫
・神魔精妖名辞典
http://myth.maji.asia/bonzokan.html
(アクセス日:2017/11/11)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

 
《今日の言葉》
「近くして見難きは我が心、
細にして空に遍(あまね)きは我が仏なり」

-佛教【ほとけのおしへ】(仏教)
-