111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

開化天皇

( 正字体・大和言葉の歴史的仮名遣いと
[現代字体・現代仮名遣い]を併記 )

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●代
9代

●幼名(おさなな)

●諱(いみな)

●和風諡号(わふうしごう)(日本書紀)
稚日本根子彦大日日天皇
わか やまと ね こ ひこ おほ ひ ひ の すめらみこと
[ 稚日本根子彦大日日天皇
わか やまと ね こ ひこ おお ひ ひ の すめらみこと ]

●漢風諡号(かんふうしごう)
開化天皇
かいか てんのう
[ 開化天皇
かいか てんのう ]

●父
孝元天皇
こうげん てんのう
[ 孝元天皇
こうげん てんのう ]

●母
欝色謎命
うつ しこ め の みこと
[ 欝色謎命
うつ しこ め の みこと ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●同母兄弟
大彦命
おほ ひこ の みこと
[ 大彦命
おお ひこ の みこと ]

●同母兄弟
少彦男心命
すくな ひこ を こころ の みこと
[ 少彦男心命
すくな ひこ お こころ の みこと ]

●同母兄弟
倭迹迹姫命
やまと と と ひめ の みこと
[ 倭迹迹姫命
やまと と と ひめ の みこと ]

倭迹迹日百襲姫命
やまと と と ひ もも そ ひめ の みこと
[ 倭迹迹日百襲姫命
やまと と と ひ もも そ ひめ の みこと ]

●異母兄弟
彦太忍信命
ひこ ふつ おしの まこと の みこと
[ 彦太忍信命
ひこ ふつ おしの まこと の みこと ]

●異母兄弟
武埴安彦命
たけ はに やす ひこ の みこと
[ 武埴安彦命
たけ はに やす ひこ の みこと ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

大彦命(おほひこのみこと)は、崇神天皇の時代に北陸に派遣された。四道将軍(しどうしょうぐん)の一人。
稲荷山古墳出土鉄剣の銘文に「オホヒコ」とあるが、これが大彦命である。

 
彦太忍信命(ひこ ふつ おしの まこと の みこと)の孫が武内宿禰(たけのうち の すくね)。
つまり、武内宿禰(たけのうち の すくね)は孝元天皇の曾孫(ひまご)(孫の子供)。

古事記より、
彦太忍信命(ひこ ふつ おしの まこと の みこと)

布都御魂大神(ふ つ の み たま の おほ かみ)

布都御魂大神(ふ つ の み たま の おほ かみ)は、石上神宮(いそのかみじんぐう)(奈良県天理市)の御祭神。

 
《参考文献等》
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫
・竹内睦泰 (2016)『古事記の宇宙』青林堂
・井沢元彦 (1997)『逆説の日本史〈1〉古代黎明編』小学館

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-歷し史【へしふみ】(歴史)