111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

主語とは(国語文法)

{ ポイント }
「誰が」「何が」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●主語とは・・・
・文節の働きの一つ。
・「誰が」「何が」にあたる文節。
・「誰が」「何が」という動作の主体をあらわす。
・文の主人公。

 
●主体とは・・・
動作をした本人のこと。

 
●主語と述語の関係・・・
・係り受けの関係である。すなわち、
主語の文節は述語の文節に係り、
述語の文節は主語の文節を受ける。
・主語と述語の関係は、文を作る上で最も重要な部分である。
換言すると、
主語と述語の関係は、文の基礎構造である。

 
●主語の見つけ方・・・
1.文を文節に区切る。
2.述語を見つける。
(文の最後にある.)
3.その述語と意味の上でつながる(主語と述語の関係にある)
「誰が」「何が」にあたる文節を見つける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

≪参考文献等≫
・原沢 伊都夫 (2012)『日本人のための日本語文法入門』講談社
・国語の先生が教える国語文法
国語文法.com/
(アクセス日:2017/8/29)
・国語の文法 > 文法の基礎 > 文節の働き(1)主語・述語
https://www.kokugobunpou.com/
(アクセス日:2017/8/29)

 
≪関連記事≫
単語とは(国語文法)
文節とは(国語文法)
文とは(国語文法)
段落とは(国語文法)
文章とは (国語文法)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-