111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

文節とは(国語文法)

●文節とは(大まかに言うと)…

文を、不自然でない程度に、区切った一区切り。

 
●文節とは(大まかに言うと)…

ある文を相手にしゃべる際、「ね」を入れて相手に意味が通じるところで区切った、その一区切り。

 
●文節の例…

「きのうは遊園地に出かけた」

「きのうは(ね)/ 遊園地に(ね)/ 出かけた」

 
●文節と係り受け…
全ての文節が、一つ以上の文節と「係り受け」の関係にある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●文節とは(正確に言うと)…
文を自立語の前で区切った言葉の単位。

●日本語の言葉の単位(大きい順)…
文章段落 > 文節 > 単語

●文節の構成(2種類)…
・「自立語」(一単語)、または、
「自立語 + 付属語」(二単語)で構成される。
従って、(単語の分類は自立語と付属語の2つしかないから、)付属語だけで文節が構成されることはない。

 
●その他…

部品が組み合わさって
車が作られているように、
文節が組み合わさって
文が作られている。

文節の一つ一つが、
一つ以上の文節と関係を持った状態で、
文が作られている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

≪参考文献等≫
・大野晋 (1987)『文法と語彙』岩波書店
・大野晋 (1988)『日本語の文法〈古典編〉』角川書店

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-言葉
-