111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

古事記(ふることふみ)64

●原文‥‥
重加 智海浩瀚
【●もとあや
ジュウ カ チ カイ コウ カン】

●書き下し 一‥‥
重ねて加ふるに智海は浩く瀚く
【●かきくだし ひ
かさねて くわふるに さとうみ は ふかく ひろく】
●書き下し 二‥‥
重ねて加ふるに智海は浩瀚として
【●かきくだし ふ
かさねて くわふるに チカイ は コウカン として】

●直訳‥‥
その上、知識の海は深く広く、

●意訳‥‥
その上、天武天皇の御知識は深く広く、

●言葉の意味‥‥
・「重加」:その上。そればかりではなく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文‥‥
潭探上古
【●もとあや‥‥
タン タン ジョウ コ】

●書き下し 一‥‥
上古を潭く探りたまひ
【●かきくだし ひ‥‥
かみついにしへ を ふかく さぐり たまひ】
●書き下し 二‥‥
上古を潭探し
【●かきくだし ふ‥‥
ジョウコ を タンタンし】

●譯き‥‥
古き歷し史を潭く探りたまひ、
【●とき‥‥
ふるき へし ふみ を ふかく さぐり たまひ、】
●訳‥‥
古の歴史を深く御探りになられ、
【●ヤク‥‥
いにしえ の レキシ を ふかく おさぐり になられ、】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●『古事記傳』(本居宣長)より
重加智-海浩-瀚。潭探上-古。
重加(しかのみなら)ず智海浩瀚として。潭(ふか)く上古を探り。
智海とは、御智の廣く大キなるを海にたとへて申せるなり。
浩瀚は廣大ナル貌なり。

 
●対句構造‥‥
重加
智海浩瀚 潭探上古
心鏡煒煌 明覩先代

 
《参考文献等》
・次田真幸(1977)『古事記』講談社学術文庫
・『中杉 弘のブログ』
http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/
(アクセス日:2018/2/27)
・古事記をそのまま読む
http://himiko-y.com/scrp1/kojiki--1.html
(アクセス日:2018/2/27)
・南さんちの「つれづれなる記」
(本居宣長大人著『古事記伝』を読んでみよう:第137回)
http://ameblo.jp/norinaga-suzunoya/
(アクセス日:2018/2/27)
・語源事典
https://okjiten.jp/index.html
(アクセス日:2018/2/27)

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-神話【かみかたり】(神話)
-