111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

古事記(ふることふみ) 17

[キーフレーズ]
天孫降臨てんそんこうりん

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
●原文
是以 番仁岐命 初降于高千嶺

●書き下し文(本居宣長もとおりのりながの書き下し文)
ここもっほのににみことはじめ高千たかちほみねりたまひて、

●訳
このようにして、番仁岐命ほのににぎのみことは、高千たかちほみねに降りなされ、

●別の訳
このようにして、番能邇邇芸命ほのににぎのみことは、高千たかちほみね天孫降臨てんそんこうりんされ、

●言葉の意味
・嶺(漢字の正式な読み)・・・
レイ。みね。
・嶺(漢字の正式な意味)・・・
みね。山の一番高い所。

●その他
・「ここ」の別の読みかた・・・
これ。こ。
・「もって」の別の読みかた・・・
もて。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ
 

 
≪今日の言葉≫
「真の幸福は孤独の中にのみる」
チェーホフ
(ロシアの作家)
(1860~1904)
(同時代の人:
明治天皇
1852~1912
在位 1867~1912
タゴール 1861年生まれ)
(文章が書かれた頃(1892年)の出来事:
1891年 ロシア帝国皇太子(後のニコライ2世)が、大津町(現大津市)で、斬りつけられて負傷した。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-神話【かみかたり】(神話)
-