111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

闇の歴史、後南朝(ごなんちょう)

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 / 森茂暁しげあき
 
数ヶ月前から後南朝に興味を持ち始め、きちんとした資料を探していたところ、この本に巡りあいました。

南朝研究の第一人者である森氏が、後南朝に特化して著した本です。信用に値する資料に基づいて、後南朝の実像をつまびらかにしてくれます。また、非常に分かりやすく丁寧に書かれているので、後南朝について知識がない人でもスラスラと読むことができます。

南朝は、室町幕府により歴史の闇に葬りさられました。
その後、南朝系は応仁の乱の時代まで生き延びました。本書はその具体的な経緯が書かれています。
 
●この本で分かったこと

・南北統一前後の天皇とその周辺の動向。

・南北統一で完全に消滅したかに見える後醍醐天皇の子孫たちが、何度も歴史の表舞台に現れ、歴史をかき回してきた。

・断続的に、南朝系の威光が消滅するように画策してきた。
 
●読んでも分からなかった点

・後南朝がどのように終わりを迎えたのか?

・歴史教科書には、なぜ後南朝の動向が取り上げられていないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
≪參ね物(參考文獻)【たづね もの(サンコウ ブンケン)】≫
・林達夫ほか (1972)『世界大百科事典』平凡社
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・藤堂明保 (1978)『学研漢和大字典』学研プラス

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-歷し史【へしふみ】(歴史)