111(いちいちいち)

長女・次女・長男・夫・妻・猫。 日常・神話・物語。

歴史について

歷し史に就きて
【へし ふみ に つき て】
---
歴史について
【レキシ に つい て】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
時代の精性や歷し史を分くには、
想ひの上にて其の時代に身を置き、
且つ「何も分からぬ」稚兒の目を以てものを見るべし。
【ときよ の こころ たち や へし ふみ を わく に は、
おもひ の うへ にて その ときよ に み を おき、
かつ「なに も わか ら ぬ」ちご の め を もち て もの を みる べし。】
---
時代の精神性や歴史を理解するには、
想像の上でその時代に身を置き、
且つ「何も分からぬ」赤子の目でものを見るのがよい。
【ジダイ の セイシンセイ や レキシ を リカイする に は、
ソウゾウ の うえ で その ジダイ に み を おき、
かつ「なに も わから ぬ」あかご の め で もの を みる の が よい。】

 
≪參ね物等【たづね もの など】(参考文献等)≫
・大野晋 (1988)『日本語の文法〈古典編〉』角川書店
・金田一春彦 (1977)『新明解古語辞典』三省堂
・井沢元彦 (1997)『逆説の日本史〈1〉』小学館

 
↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

-歷し史【へしふみ】(歴史)